読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まず米、そして野菜

最初は離乳食の記録、途中からは読書の記録。

外出する日は離乳食タイムを作るのが難しいね。まいっかー、と思っていると、あげないまま一日が過ぎる。今日はそんな日でした。 コハシは出先で出会った初対面のおいちゃんにえらいこと懐き、あやしてもらっては笑い、膝に座らせてもらっては我が物顔でくつ…

初うどん

粥の米粒にも慣れてきたので、うどんをあげてみた。細いうどんを細かく切って、コシなんざ知るかーとばかりに茹でたものだ。何の感動もなく淡々と食べていた。オトナー。

今日も今日とて野菜粥。大人しくぱくついているので油断したら、突然「あきゃあ!」と興奮してスプーンを掴まれた。振り回されるスプーン。飛び散る粥。 驚いて「おわー」と叫ぶ私を見て、コハシは声を上げて笑った。その後も上機嫌で暴れては粥を飛び散らせ…

コハシ、尿、便、食欲共に通常運転に。元気が有り余っているので外出し、出先で瓶詰め離乳食を食べた。コンビニでもらうデザート用のスプーンを使ってみたら、力一杯掴んで曲げようとするので折れそうでハラハラした。こりゃいかんな。大きさはちょうどいい…

熱下がった

何ごともなく熱は下がりましたが食欲はなく、尿が少なくて下痢気味。興奮していて感情の振れ幅が大きい。はしゃいだと思ったら怒って泣いたり、テレビのチャンネルのように感情がころころ変わる。そして疲れて寝る。 今日も離乳食はお休みしました。

初発熱

コハシ発熱。測ってみたら38℃を越えている。ぐったりしたり泣いたりと落ち着かないので今日の離乳食は無し。汗をかいているのにミルクや白湯を嫌がるので、これなら飲むかなとポカリスエットもどき(赤子用)を買ってきた。 最初はぐずって飲まなかったが、…

二回食の影響か便に変化が。今度は、硬さが、大人への階段を一歩上ってしまった。

二回食始めました

離乳食を1日2回にすることを「二回食」という。二毛作みたいな言い方だな。三回に増えたら三回食というそうだ。もっと食べたそうなそぶりをするようになってきたので始めることにした。ついでに10倍粥は7倍粥にランクアップだ。それにしても何が7倍なんだ。…

暑いので

最近のコハシは、人肌のミルクを嫌がる。時間が経って冷めると飲む。なので、最初から温いミルクを作ることにした。

なにしろ不規則な生活を送る怠惰な親なので、離乳食をあげない日もある。

離乳食は決まった時間にあげましょう、と指導されます。規則正しい生活ですね。大切ですね。 ……おのれの不規則っぷりを実感させられる毎日です。

初タマネギ

新タマネギは水分がいっぱいで甘くておいしいね。みじん切りにしたものを油を使わずに炒めて(水がたくさん出て煮詰めたようになった)、ごりごりすり潰して粥にin。ついでに叩いたしらすもin。初挑戦の食材だったのに、コハシは顔を歪めずに食べた。どうだ…

しらす再挑戦

すり潰すと見た目が凶悪になり苦味も増すことでお馴染みのしらす。今日は粗く叩いて粥に混ぜてみた。叩けば苦味が抑えられるし、何より見た目が土砂っぽくならない。ちゃんとご飯っぽい。いいぞいいぞ。 しらすのかたちがイガイガして飲み込みにくいかも、と…

初おやつ

この月齢でもうおやつが食べられるのか! と嬉しくなって買ってしまった。全くの乾き物は初めてだ。ミルクでよく口が湿ったのを見計らって、一粒を口の中へ。 コハシはいつもの通り顔をしかめたあと、口を動かすのが難しそうな様子を見せた。水分が少ないか…

初こどもの日

タカハシの母と子供用品売り場へ。離乳食の充実ぶりに大興奮したタカハシ母、「全部買っちゃいなさい全部」と、コハシの月齢に合った和光堂のレトルトパウチを片っ端から一袋ずつ買い物カゴに投入。全種類制覇した。 帰宅後、なんとなくめでたい感じがするか…

相変わらずしらす粥を不味そうに食べるコハシに、おかずとしてキューピーの離乳食をあげてみた。段違いの食いつきぶりを見せた。 やっぱりあんまり好きじゃないんじゃん、しらす粥! なのに、なんで途中であげるの止めると泣くんだ。君の主張はわかりにくい…

見た目が灰色の土砂っぽいことでお馴染みのしらす粥。コハシが灰色のゲルで顔をべったべたにしているのを見た妹、「これは食べ物として大丈夫なものなの……?」と絶句。そうだよね。そう思うよね。 コハシは今日も顔を苦しげに歪めながらしらす粥を食べた。椀…

初しらす

しらすは熱湯をかけて塩抜きしてから調理する。すり潰して他の食材と混ぜるのがスタンダードなようなので、10倍粥に混ぜてみた。すり潰したしらすは生コンクリートのように見える。それを粥で延ばすと、ゲル状の土砂みたいになる。不安になって味見をしたが…

離乳食における豆腐の自由さへの衝撃がさめやらぬうちに、オレンジ風味とバナナ風味の豆腐が発売されるという報が。 仮面ライダー鎧武とうふhttp://sagamiya-kk.co.jp/gaimu/ ……豆腐と果物ってよくある組合わせなのか……?私が知らなかっただけなのか……?

ベビーエプロン

シリコン製の前掛けを手に入れた。いくらこぼしても水洗いできる便利グッズだ。ポケットのようになった裾が、食べこぼしを受け止めてくれる。下敷きのような硬い素材でできているものと、柔らかいものとがあって、うちにあるのは柔らかいほうだ。丸めて持ち…

タンパク質デビュー

そういえば既に何度かタンパク質をあげているのです。豆腐。ぐちゃぐちゃ潰して口の中へ。単体では食が進まないのでレシピを見ているのだが、豆腐+みかん、豆腐+バナナなど、思いがけない組合わせが出てきて怯む。豆腐すごいな。そりゃ紀文の豆乳にあれだ…

今日のコハシは、いつも前のめりで食べる粥を不味そうに食べ、きのう嬉しそうに齧っていた歯ブラシをしかめ面で吐き出した。食後の白湯だけは、いつもどおり夢中でごきゅごきゅ飲んだ。

初歯ブラシ

赤子用歯ブラシときたら何種類もあるのだ。月齢に合わせて、大人のものと同じように毛が植わっているもの、シリコンの棍棒のようなもの、持ち手が太いもの輪っかのもの高いもの安いもの。 植毛タイプの安いものを購入してみた。食後に試してみたら、歯茎のち…

初コップ

コップから直接白湯を飲ませたら、ふちをガジガジ噛みながら飲んでいた。乳や哺乳瓶と違ってコップはもぐもぐしなくても飲めるって、どれくらい経てば気が付くかなあ。 ちなみに、スプーンにはもう慣れたようで、以前のように怒ることはなくなった。

(昨日の記事の続き)コハシに差し出される離乳食に対し、それは自分のものではないのかと積極的にアピールする犬橋

犬橋の戸惑い

タカハシの両親と犬橋が来た。タカハシの母が「ほーらごはんだよ、おいしいおいしい~」とコハシに離乳食を食べさせると、隣の犬橋がキョロキョロと落ち着かない様子を見せた。義母の口調が、犬橋にご飯を与える時と同じだったからだ。

ホウレンソウをすり潰すと、部屋中に甘い匂いが満ちる。この匂い、離乳食を作り出す前はサグカレーでしか出会わなかったような。ナンが食べたくなる匂いだ。

人生二度目のサツマイモをコハシは大興奮で迎え入れた。ひとくち食べるごとに、「んふぅ……どぅふふえふぅ」と笑い声が漏れる。笑っちゃうのでサツマイモも口から漏れる。 完食して「はいごちそうさまー」と食器を片付けようとしたら泣いた。コハシが乳以外の…

コハシの生えかけの歯(下の前歯2本)に指を思いっきり噛まれたタカハシ。ぎゃあっと飛び上がると、「えっ?」と私の胸を凝視し、噛まれた指を見、また私の胸を見て、「えっ……大丈夫?」と問うてきた。少なくとも今、大丈夫じゃないのは君だ。

コハシは初めての味に出会うとフリーズする。口に含んだ瞬間、ギュッと眉を寄せて完全に停止する。たっぷり5秒は固まってから、怪訝な顔でおもむろに咀嚼をはじめる。大人たちはそれを見て爆笑する。 今日の初めてはサツマイモでした。

哺乳瓶はくわえていればミルクが出続ける。スプーンはひと匙ずつお皿のご飯を掬わなければいけない。コハシはこの違いがまだ分からないらしく、スプーンを口から離そうとすると怒る。しかしスプーンをそのままにしておけば口の中のごはんが無くなったタイミ…

昨日、電話で実家の母に「瓶詰め離乳食がおいしかった、外出時に便利で良いね」と話した、確かに話した、そして今日、実家に寄ったらたくさんのキューピーの瓶の買い置きが ……孫パワーの為せる業じゃ。そしておいしゅうございました(つまみぐいagain)

キューピーの瓶詰め離乳食は、商品名がやたらうまそう。 うまかった(つまみぐい)。

不評のにんじん、粥に混ぜたあとすりこぎで摺り合わせてからあげてみた。食べた。しかし食べたものの「解せぬ」という顔をしている。味がダメか。 まあやめないんだけどな!

今日から野菜を加えることにした。にんじんだ。茹でて裏ごししたものを粥に混ぜてみた。今まで見たことのない表情で拒否された。 その顔が面白くて食べさせ続けたら泣いた。

便に変化が。特に、においが、大人への階段を一歩上ってしまった。

ベビーマグなるうつわに、スパウトなる飲み口を付けてミルクを提供。気に入ったようで取っ手をがっちり掴んでいる。でもこぼす。いつも使っている哺乳瓶より格段に出が良いからか、ゴボゴボこぼす。いったん口に含んでからでろでろっと出す。たまに私の顔ま…

初離乳食は10倍粥を小さじに2杯。コハシ、初めてのコメを嫌がるどころか、勢いよくかじりついた。スプーンじゃなくて茶碗に。がぶりと。

このブログについて

10倍粥から始めよ、と先人が言います。なんだ10倍粥って。何が10倍なんだ。水か。裏ごしの「裏」に表はあるのか。 そんな疑問を持つだけ持って、投げっぱなしなわたくしの、わたくしによるわたくしのための離乳食作成記録です。 <登場人物>離乳食を作る人…