まず米、そして野菜

最初は離乳食の記録、途中からは読書の記録。

犬橋の戸惑い

タカハシの両親と犬橋が来た。タカハシの母が「ほーらごはんだよ、おいしいおいしい~」とコハシに離乳食を食べさせると、隣の犬橋がキョロキョロと落ち着かない様子を見せた。義母の口調が、犬橋にご飯を与える時と同じだったからだ。