読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まず米、そして野菜

最初は離乳食の記録、途中からは読書の記録。

ボーロカップ

こぼれないボーロカップ イエロー

こぼれないボーロカップ イエロー

たまごボーロを皿に盛れば皿ごとひっくり返し、手でひと粒ずつ渡せば「自分で袋から食べたい」と主張する人がいるので、ボーロカップなるものを導入した。

カップには、放射状に切れ目の入った柔らかい樹脂の蓋が付いていて、ここに手を突っ込んでボーロを掴んで取り出すようになっている。多少容器を振り回したくらいではこぼれない。掃除が楽だ。嬉しい。自分の手で好きなように食べられるのでコハシも嬉しそうだ。

コハシは、この「手を蓋に突っ込む→ボーロを的確に数粒掴む→こぼさないように掴んだまま蓋から手を引き抜く→ボーロを口に運ぶ」をまだ完璧にこなすことができない。どこかの段階でこぼしたり、ボーロを掴みすぎてうまくいかなかったり、苦戦している。でも、お皿に盛った時よりも楽しそうに、時間をかけて食べている。

そんなコハシの様子を見た母が、「動物園で、サルとかクマとかの餌を取り出しにくい容器に入れるじゃない。工夫しないと食べられないように。なんだかあれに似てるわねえ」と言う。うん、エンリッチメントのあれね。わかるわかる。私も同じこと思ったわ。