読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まず米、そして野菜

最初は離乳食の記録、途中からは読書の記録。

ブルータスよお前もか。「おばけなんてないさ」「ねないこだれだ」瀬名恵子 著

コハシは今のところ、おばけのことは怖くない。コハシが怖がっているのは、一に鬼、二に暗闇だ。鬼は、節分のせいですっかり恐ろしいものになった。豆で退散させられると分かっていても怖いものは怖い。暗闇が怖くなったのは割と最近のことで、暗い部屋や、…

負けない。「しょうぼうじどうしゃじぷた」渡辺茂男 著、山本忠敬 絵

前回の記事 《私が気付きたかったのに。「しゅっぱつ しんこう!」山本忠敬 著》 の続き。 絵本「しゅっぱつ しんこう!」にじぷたTシャツが隠れているのを見つけたタカハシは、それはもう勝ち誇った。「じぷた、ね。人気ですよね。ほかの絵本にも出てくるく…

私が気付きたかったのに。「しゅっぱつ しんこう!」山本忠敬 著

一つ前の記事で取り上げた「でんしゃにのったよ」は、この「しゅっぱつしんこう!」のオマージュではないかと勝手に想像している。どちらも出版社は福音館書店。前の「でんしゃにのったよ」の発表は2009年で、内容は「ぼく」とお母さんが山あいの町から電車…

初めて自分で探し出した本。「でんしゃにのったよ」岡本雄司著

図書館の絵本コーナーにコハシを連れて行ったとき、私も初めて図書館に来たような気分になった。この町に住み始めてからいままで、子供向けコーナーには来たことがなかったからだ。絵本の並びは独特だ。普通なら著者名で五十音順に並んでいるところが、タイ…

島田さん。「3月のライオン」12巻までの感想

12巻目は、物語の本筋からしばらく離れていた島田開八段が少し顔を見せたところで終わっている。ここで島田さんが出てくるのか、たまらんな、と思った。 私は島田さんが気になって仕方がない。島田さんは、宗谷さんや土橋さんのように将棋がないと生きていけ…

赤子にばかりかまけてはいけない。「とびだす! うごく! のりもの」 わらべきみか 著

これも神保町ブックフェスティバルで母が買ってきたしかけ絵本だ。手のひらサイズの小ささながら、しかけに関しては、前述の「ごあいさつ」、「じどうしゃがいっぱい」と比べると本格的で、題の通りに本当に「とびだす」し、「うごく」。はしご車のページを…

再挑戦とダイ・ハード。(「アナと雪の女王」2回目)【追記あり】

喜ぶかと思ったんだけど。 「アナと雪の女王」(映画 2013年) - まず米、そして野菜 の続き。ネタバレあり。 薬局で買い物をしていたら、コハシが歯ブラシ売り場の前でしゃがみ込んで動かない。「アナと雪の女王」がプリントされた歯ブラシが買いたいのだと…

監督不行届。「じどうしゃがいっぱい」シンディ・チャン著、リンダ・ハワード絵

母が神保町ブックフェスティバルで買ってきた本のうち、1年くらい寝かせていたものの一つ。表紙に「おりたたみしかけえほん」 とある通り、本文は蛇腹状に折りたたまれている。本の横幅は17㎝くらい。1ページに1台の車が描かれていて、それが10台繋がってい…

早すぎたんだ。「ごあいさつ」和田琴美 著、結城嘉徳 絵

私の絵本好きは母譲りだ。母は、嫁入り道具と一緒に「詩とメルヘン」のバックナンバーを嫁ぎ先へ持ち込んだような人だ。子供の私もご覧の通りの絵本好きに仕上がり、進学しようが就職しようが普通に絵本を読んで暮らした。とはいえ絵本は高価だし場所も取る…

絵本ビンゴつくったよ

「めけぽんビンゴ」というwebサービスを使って、「読んだことある絵本ビンゴ」をつくってみました。定番・1作者1作品・私は読んだ本、という縛りを課しても、25冊は少なかった。あれもこれも入れられなかった……! ぜひリンク先で挑戦して、結果をツイートな…

溜めの極意。「いないいないばあ」松谷みよ子 著、瀬川康男 絵

ロングセラーの「生まれて初めて読むのに最適な絵本」だ。初版はなんと1967年。でも、私は小さい頃に読んだ記憶がない。絶対読んでもらったはずなのにな。 初版からこんなに渋い色合いだったのだろうか。熊も猫も狐も、雑貨屋の棚の奥にあるアンティークのぬ…

動物園で読んだ動物の絵本。「くまさん くまさん なに みてるの?」ビル・マーチン著、エリック・カール絵

私たちが円山動物園で遊んだ日、札幌はすっきりしない天気で、じめじめしていた。円山動物園は、雪深い冬に備えてか屋内展示場がとても充実していて、建物の中から楽しめる展示が多い。雨から逃れて入ったレッサーパンダの屋内施設は、高山の環境を再現する…

スッパダカマンの快哉。「おふろでちゃぷちゃぷ」松谷みよ子 著、いわさきちひろ 絵

我が家には、真っ裸な人を表現する言葉がいくつか存在する。スッパダカマン。オシリーマン。ハダカンボウズ。 余談だが、その他のバリエーションとして、オムツマンや、パンツマン、オシリマルダシマン(上半身だけは服を着て、下は裸のまま逃走する人のこと…

コール&レスポンス一人相撲。「がたんごとんがたんごとん」安西水丸 著

安西水丸さんの絵の、きっぱりした色と形が気持ちいい。話運びも言葉の数も、絵と同じようにすっきり削ぎ落とされている。車両の絶妙な歪み。地面の緑と背景の白の鮮やかな対比。 黒一色の機関車が「がたんごとんがたんごとん」と進んでは、行く先々で「のせ…

足取りのたどたどしさ。「こりゃまてまて」 中脇初枝 著、酒井駒子 絵

読み終わるとすぐ「もっかい読んで!」とリクエストされる絵本だ。つい昨日も続けて3回読まされた。酒井駒子さんの描く少し掠れた線がたまらない。ふよふよした髪の毛。何かに夢中になったときの少しとがった口元。体の割に大きい、アンバランスなあたま。説…

グラフィカル貨物の疾走。「はしれ! かもつたちのぎょうれつ」ドナルド・クリューズ著

JR武蔵野線で電車を待っているとき、目の前を貨物列車が通り過ぎた。見慣れた通勤電車とは明らかに違う、埃っぽい鈍色。延々と連なる車両。金属音を響かせて、たっぷり時間をかけて通り過ぎる威容に、コハシはノックダウンされた。「今のは貨物列車っていう…

「ムジカ・ピッコリーノ 第4期」(NHK 2016年4月~8月放送)

8/19に最終回の20話目が放送された。ああ、終わっちゃった。いつかまた、メロトロン号の人々と、できればピッコリーノ号の面々にも、新しいエピソードで会いたいな。ゴンドリーさんがユーフォニウムのモンストロに出会えなかったのは、5期への布石だと思いた…

タイポグラフィと、文字を持たない読者。 「るるるるる」五味太郎 著

この本に出てくる文字は、「る」と「ぐ」と「れ」の3種類だけだ。五味太郎さんの味のある書き文字ではなく、すっきりとしたフォント(ゴシック体?)が使われている。プロペラ機の後ろに伸びる「る る る る る」の文字列は、エンジン音を表しているのだろう…

子供から鉄道マニアまで。 「やこうれっしゃ」西村繁男 著

コハシが触れた初めての字のない絵本だ。字がないからといって易しい内容ではない。福音館の絵本は裏表紙に対象年齢が書いてあるが、この本は「読んであげるなら4歳から、自分で読むなら小学低学年から」と、なかなかの難易度だ。 文があれば、物語は一つの…

この本は私が独り占めする。 「Eric Carle's ABC 」エリック・カール 著

ふらっと立ち寄ったお店で売っていて一目惚れした。一辺の長さが20cmもない、小ぶりな絵本だ。表紙は厚みがあって、なんだかぷくぷくしている。作者は「はらぺこあおむし」でおなじみの、俺たちの! エリック・カール。「A」は「ants」、「B」は「bird」、「…

問答無用の楽しさ。 「はらぺこあおむし」エリック・カール 著

コハシが産まれて間もないころ、あおむしの人形とボードブックがセットになったものを頂いた。「はらぺこあおむし」は自分でも買うつもりだったけれど、小さいボードブックのタイプと普通のハードカバーのタイプとで迷ってしまい、いつまでも買えなそうだっ…

喜ぶかと思ったんだけど。 「アナと雪の女王」(映画 2013年)

今週のお題「映画の夏」 はてなブログのお題企画から、雪景色が涼しげなこの映画の話でも、ひとつ。 公開時からずっと見たかったこの映画は、コハシが2歳になってからようやく見ることができた。コハシはこの映画の主題歌を保育園で覚えてきて、家でも1人で…

はじめての、の、一歩先。 「たのしいいちにち(はじめてのこぐまちゃん)」若山憲 著

前の記事の「どうぶつ」、「じどうしゃ」とこの本とを合わせた3冊で、「はじめてのこぐまちゃんシリーズ」なのだそうだ。対象年齢は「0歳から2歳ごろまで」。その中でもこの本は、いくつかの言葉や時間の流れを理解できるようになった人に向けてつくられてい…

配色の妙。 「じどうしゃ(はじめてのこぐまちゃん)」若山憲 著

前の記事の「どうぶつ」と同じシリーズの本。コハシが初めて触れることになった乗り物絵本だ。いや、2冊目だったかな。3冊目だったかな。まあとにかくそれくらい初期だ。 普段の様子から、電車や大型車に興味があることは分かっていたけれど、乗り物の本に対…

ぞうの2倍の大きさのどうぶつ。 「どうぶつ(はじめてのこぐまちゃん)」若山憲 著

手のひらサイズの厚紙絵本。読み始めたのはコハシが1歳になったころだったか。最初からいい反応をしていたので、かばんに入れて持ち運ぶ定番の1冊になった。くっきりした輪郭線でシンプルに描かれた動物が1ページに一つづつ出てくる。本文には「ひよこ」「う…

一緒に読んでもらいたい。 「ぐるんぱのようちえん」 西内 ミナミ 著、堀内 誠一 絵

小さいときに大好きだった絵本がまだ読まれているのは嬉しい。この本は、背表紙に「読んであげるなら4才~自分で読むなら小学校初級向き」とあるとおり、少し文字が多い。コハシはまだ興味が湧かないようだ。読み聞かせたところでろくに見ない。それでもいい…

ものまね玉砕。 「じゃあじゃあびりびり」松井紀子 著

自分が0歳児のころどんな本を喜んでいたのか全く覚えていないので(そりゃそうか)、絵本選びはクチコミ頼りだ。この本は「あかちゃんのファーストブックに最適です」「うちの子も楽しんで読んでいます」とやたらと評判がいいので買ってみた。どこの書店の絵…

解せぬ。 「しましまぐるぐる」柏原晃夫 著

背表紙の解説によると、この本は生後6カ月くらいから楽しめるように作られているらしい。丈夫なボードブック(厚紙)仕様で、はっきりした色使いで「しましま」と「ぐるぐる」の絵が交互に描かれている。 コハシが0歳児のころは、指でしまをなぞりながら「し…

探したけれど見つからないので。

まだコハシが産まれたてで、炊飯器みたいな音を立てていたとき、母が「あなたが好きそうなものを見つけたわよ」と、読書記録を付けるノートをくれた。「この子に本を読み聞かせるようになったら書いてみたら?」というので、それはいい、とコハシの手が届か…

反省

何か新しいことおきてないかな、と思ってこのブログを開いてみたけれど、自分のブログなんだから自分で書かない限り何も起きないよね。 ということを、さっきまで分かっていませんでした。

食材を細かく切りさえすれば、だいぶ大人と同じものが食べられるようになってきたので、外食が楽しい。 大人と同じものをもらえると認識したコハシが大人の皿を狙うようになったので、毎食が戦い。

昨日の続き。 ボーロカップは中身が少なくなると取り出しにくいようだ。コハシは残り2、3粒のボーロとしばらく格闘していたが、なかなか掴めないことに焦れ、むくりと立ち上がると、憤懣やるかたないという表情で私にカップを叩きつけた。痛い。

ボーロカップ

こぼれないボーロカップ イエロー出版社/メーカー: リッチェルメディア: Baby Productこの商品を含むブログを見る たまごボーロを皿に盛れば皿ごとひっくり返し、手でひと粒ずつ渡せば「自分で袋から食べたい」と主張する人がいるので、ボーロカップなるもの…

実はみかんへの不信はいまだに続いていて、最初の一口は警戒しながら噛む。今日は筋の残り具合に不安を覚えたらしく、「うええ……」とうめきながらゆっくりと口をあけて、噛みかけていたみかんの房をぽとりと床に落とした。

誰が教えたわけでもないのに、コハシは水を飲むと「うまーい」と言う。仕事終わりにビールを飲み干した人のように言う。「うまっ」だけの時もあるし、情感たっぷりに「うんっまああぁいぃ」と言う時もある。いずれにしろ大人は笑う。コハシはそれを見て喜び…

よくばりおこさん

手づかみで何かを食べる時、コハシは必ず両手にたくさん確保する。持てるだけ持つ。しかし小さな口に入れるには多すぎる量だし、そもそも口に運ぶのもまだ下手なので、ボロボロこぼす。握りつぶされて余計に食べにくくなっていたりもする。「お手伝いしまし…

みかんの逆襲

コハシが置いておいたみかんをかじってしまった。しかも皮だけ。それは苦い。大人にとってもそれは苦い。案の定コハシはひどい顔で吐き出した。 コハシはみかんに不信感を抱いた。 疑心暗鬼に陥ったコハシは、皮をきれいに剥いたふさを渡しても受け取らない…

みかん

タカハシにみかんを剥いてもらったコハシ。口に入れそこねて、ひとふさ床に落としてしまった。みかんを拾おうとかがんだコハシは「おっとっと」とでも言いたげによろけ、床のみかんを踏み潰した。 「いいぞコハシ!」 タカハシは喜んだ。 「それがコントとい…

旬の柿をコハシと楽しんでいる。小さく切ってお皿に盛ると、コハシは手づかみでわしわし食べる。 熟れて柔らかくなった柿は、ふたつのお皿に分けて盛る。片方は、ぬるぬる逃げる柔らかい柿と格闘するコハシのためのもの。もう片方は、私がスプーンですくって…

サーティーワンのスプーンが離乳食にぴったりなので、がんばってたくさん食べました。 努力の甲斐あって、目に見える結果が出ました。主に私の腹に。

冷奴はちっちゃいの1丁ぺろっと食べちゃうけれど、湯豆腐は食べたがらない、ということを発見しました。

覚えちがい

ご飯は座って食べるものだとコハシに教えたい我々。座るまでご飯を渡さない、座ったら褒めちぎる、などの作戦で臨んでいる。コハシに食事を知らせる時には、椅子の座面を軽く叩いて「ご飯だよ、座ろう」と声をかけることにした。 タカハシが椅子を叩きはじめ…

せんべいケースの受難

リッチェル おでかけランチくん 赤ちゃんせんべいケース 筒タイプ 45430出版社/メーカー: リッチェル発売日: 2009/08/05メディア: Baby Product購入: 1人 クリック: 6回この商品を含むブログを見る 泣く子も黙るハイハイン。 ということで、外出先のぐずり対…

ずぼらー

このブログは離乳食を作るのがあまりにもめんどうくさいがために気晴らしに書き始めたものでしたが、ブログを書くこと自体をめんどうくさがってしまい御覧の有様です。まあよく放置したものじゃわい。その間もコハシはもりもり食べて、10キロを超えました。

ご飯を食べながら興奮してくると、一口ごとに両手を高く突き上げて体をぐうっと突っ張らせる、いわゆるばんざいをするようになった。しかも笑顔だ。 一口食べる↓ウオオオォーーー!!!↓一口食べる この繰り返しでとても時間がかかる。今日は勢い余って顔を…

母が買ってきてくれたこれ、とても食いつきがよかった。あっという間に完食し、もうないよと空の皿を見せたらゴイスー不満な顔で唸り声を上げた。

一昨日から急に這い歩きが上手くなったのである。not四足歩行but匍匐前進。台所で離乳食の用意をしつつふと振り返ったら、隣室で寝ていたはずのコハシが真後ろに迫っていてビビった。貞子もかくやという驚かせ方だ。怖いよ。 上手に動くようになった手は、ま…

暑くて暑くて暑くて暑くて家族みんなで汗だくである。おとなもこどもも食欲減退。コハシは粥を半分くらい残し、久しぶりに会った義母を残念がらせた。日が落ちて涼しくなってから、水とミルクをごきゅごきゅ飲んだ。

離乳食をあげずに出かけてしまうと、またタイミングを逃してしまう! と、出発前に慌てて野菜粥。全身を粥でデロデロにしたので、出発前に慌てて行水。思いがけないシャワーに喜ぶコハシ。 このブログを書いていなかったら、「今日も離乳食なしでいいやあ」…

初歯ぎしり

コハシの口の中からガリガリと音がしているので、すわ、変なものでも食べたか、と慌てて口をこじ開けて確認したらば。 上の前歯が生えてたァーーーーー!! 下の前歯が頭を出したのが3月半ばだったから、2ヶ月近く経ってるな。なんとなく一斉に生えてくるも…